アコムに過払い金請求をしたらブラックリストにのる?

アコムに過払い金請求をしたらブラックリストにのる?

過払い金請求をお考えの人の多くが、「ブラックリスト」に載ってしまうことを心配しています。しかし、「ブラックリスト」の正確な定義を把握しないまま、むやみに不安を抱えているという人も少なくありません。

借金問題に冷静に向かい合うためには、まず過払い金請求とブラックリストについての知識を整理しておくことが大切です。このページでは、過払い金請求とブラックリストの関係性を解説しています。

そもそもブラックリストってなに?

借金を滞納したり、自己破産などの債務整理を行った場合、「個人信用情報機関」というところに事故情報が記録されてしまいます。一般に言われる「ブラックリスト」とは、このことを指します。

ただし、個人信用情報機関に記載されることの全てを「ブラックリスト」と呼ぶわけではありません。なぜなら、個人信用情報機関には、申し込み状況や借入・返済といった通常の取引情報も記入されるからです。

ブラック情報に分類されるのは、あくまで「事故情報」の記載についてのみです。個人信用情報機関は3つあり、それぞれ性格が異なります。自分が利用している会社がどの個人信用情報機関を使っているのか、しっかりと確認しておくことが大切です。

3つの信用情報機関

株式会社日本信用情報機構(JICC)

「株式会社日本信用情報機構(JICC)」はもっとも古い個人信用情報機関で、消費者金融や信販会社などが主な会員となっています。「全国信用情報センター連合会」「テラネット」「CCB」の3つが統合してできた機関で、改正貸金業法で定められた指定信用情報機関です。

情報更新が非常に早いことが特徴で、同日中の多重申込みなどもすぐに発覚することが報告されています。消費者金融などの利用状況は、リアルタイムに近い精度で把握されていると考えてよいでしょう。

ブラック情報の登録期間は、「延滞情報」が5年、「債務整理」が5年、「多重申込」が6ヶ月となっています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」は、割賦販売法による貸金業法指定信用情報機関です。クレジットカード会社と信販会社が主な会員ですが、銀行系の金融機関や消費者金融も加盟しています。

月1回以上の更新が「義務」となっているため、情報の精度が高いという特徴があります。管理している情報の数は6億件を超すほどです。ブラック情報の登録期間はJICCと同じです。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

「一般社団法人全国銀行個人信用情報センター(KSC)」は、主に銀行や銀行系カード会社を対象とした個人信用情報機関です。銀行系のほかにも農協や信用金庫などが加入しています。

ブラック情報の登録期間はJICCやCICと基本的に同じですが、「債務整理」の「官報情報」が10年間となっていることに注意する必要があります。

ブラックリストにのったらどうなる?

ブラックリストに載ってしまうと、消費者金融などの申込みだけでなく、クレジットカードの申込みもほぼ不可能になります。さらに携帯電話の購入も断られることがあるので注意が必要です。

携帯電話の本体がゼロ円である場合でも、実質は「割賦販売」となっていることが多いからです。もちろん、住宅ローンや事業資金の借り入れなどもできなくなります。また、それぞれの個人信用情報機関が情報を共有していることにも注意が必要です。

例えばアコムで金融事故を起こしてしまった場合は、JICCやCICに事故情報が登録されます。その場合「KSCには登録されていないので銀行系ローンなら利用ができるのではないか」と考える人もいるかもしれませんが、実際には審査で落とされてしまうのです。

JICCとCIC、KSCの3つの個人信用情報機関は、「CRIN(クリン)」というネットワークで結ばれており、事故情報を共有しています。つまり、一度どこかのブラックリストに載ってしまうと、全ての金融機関にその情報が知られてしまうのです。

また、近年は金融機関の再編が進んでおり、一見関係がなさそうな会社でも、実はグループ会社であるというケースが少なくありません。特に消費者金融は、表面上ブランドやサービスを継続していても、ほとんどが大手銀行系グループに吸収されています。

例えばアコムは「株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ」の連結子会社になっています。こういった場合、個人信用情報機関を参照するまでもなく、グループ内で詳細な情報を入手することが可能になります。

完済後のアコムの過払い金請求はブラックリストに影響なし

過払い金請求とは、「払い過ぎた利子を返してもらう」という極めて正当な権利の行使です。そのため、アコムに対して過払い金請求をしたとしても、ブラックリストに載るということはありません。

もちろん、消費者金融としては都合が悪いことなので、かつては過払い金請求を金融事故扱いにしていたこともありました。過払い金請求を行うと「契約見直し(コード71)」という情報が個人信用情報機関に記載されていたのです。

しかし、そもそも信用情報とは支払い能力に関する情報であり、コード71には疑問の声が多く上がっていました。そういったなかで、金融庁は「過払い金請求の有無は信用情報ではない」という見解を示します。これを受けて、コード71は撤廃されました。

しかし、過払い金請求を行ったからといって、全ての残債が消えるわけではないことに注意が必要です。残債が残っているのにもかかわらず返済を止めてしまえば、当然ながら滞納になってしまいます。

そのため、完済した後に過払い金請求をすることが安全で確実な方法です。もちろんブラックリストに影響はありません。ただし、完済してからあまりに時間が経過すると、「時効」によって請求する権利が消滅してしまうことには注意しておく必要があります。

時効に注意

過払い金請求は「最後の取引の日から10年」で時効が成立してしまいます。なお、いったん完済して数年後に再度取引を開始したような場合は注意が必要です。短期で完済と借入を繰り返している場合は「一連の取引」として判断されることが一般的です。

この場合は、最後の取引の日が時効の判断基準となります。しかし、完済と次の借入の間があまりにも長い場合は、取引が「分断」していると判断され、最初の完済日に時効が適用されてしまうケースもあります。

アコムに過払い請求をした場合、この取引の分断を理由に時効を主張されることがあります。請求を行う前に過去の取引状況をしっかりと確認しておくことが大切です。

アコムの過払い金請求でブラックリストにのるケース

返済中で取り戻した過払い金で借金を0にできない場合

借金を完済していない状態で過払い金を請求する場合は、過払い金返還後に債務が残らないよう注意する必要があります。なぜなら、利用者とアコムの間に司法書士・弁護士が入って交渉を行うことは「債務整理」とみなされるからです。

信用情報機関には「債務整理(コード32)」の情報が登録され、ブラックリスト入りの状態になってしまいます。過払い金も返還について合意がなされ、残債が抹消される場合にはこの限りではありません。

しかし、残債が消えない場合には債務整理扱いになってしまうのです。そのため、請求前に利息制限法による引き直し計算を正確に行うことが大切です。

ACマスターカードの利用がある場合

アコムはカードローンのほかに、「ACマスターカード」というクレジットカードも発行しています。アコムに過払い金請求を行うと、アコムのカードローンはもちろん、ACマスターカードも自動的に解約というかたちになります。

その際、ACマスターカードのショッピング枠に残債がないかどうか確認しておく必要があります。カードローンの過払い金はこのショッピング枠に充当されることになりますが、それでも残債が消えない場合には一連の返還請求が債務整理とみなされ、ブラックリストに載ってしまうのです。

また、ACマスターカードにはショッッピング枠のほかにキャッシング枠がついているケースも多いので、カード全体の残債を正確に把握しておくことが大切です。

DCキャッシュワンから借入れがある場合

「DCキャッシュワン」からの借入れが残っている場合も注意が必要です。有名人を使ったCMなどでもおなじみの消費者金融でしたが、もともと株式の半数以上をアコムが所有していたという関係でした。

さらに2009年にはアコムの完全子会社となっており、アコムの別ブランドとして運営されてきました。そのため、DCキャッシュワンからの借入れは、アコムからの借入れと同じ意味になるのです。

過払い金請求の際も、このことを十分に考慮しておくことが必要になります。アコムの過払い金でDCキャッシュワンの残債を抹消できない場合は、ブラックリストに載ってしまうことになります。

アコムとは異なり、DCキャッシュワンで過払い金が発生している可能性はありません。DCキャッシュワンの金利は、利息制限法の範囲内に設定されていたためです。アコムに過払い金請求を行う際は、DCキャッシュワンの残債だけを確認すればよいということになります。

なお、キャッシュワンの新規契約は既に打ち切られています。キャッシュワン事業自体も「じぶん銀行」に譲渡されており、カードローン「じぶんローン」に生まれ変わっています。しかし、じぶんローンも保証会社はアコムなので、利用については慎重に検討する必要があります。

アコムの過払い金請求でブラックリストを回避する方法

アコムの借金を完済してから過払い金請求する

ブラックリストを回避するためには、アコムの借金を完済してから過払い金請求を行うことが、もっとも安全で確実な方法です。以前のように「契約見直し」が個人信用情報機関に登録されるということはなくなりましたが、返還される過払い金では残債を抹消できないというリスクがあるからです。

残債が抹消できない場合は、ほとんどの場合が債務整理とみなされブラックリスト入りです。ブラックリストに不服な場合は、事故情報取り消しの申立てを行うことも可能です。

しかし、それができるのは金融機関の誤記載など、正当な理由がある場合に限られます。過払い金の請求で残債を抹消できないという場合は、単なる債務整理とみなされても仕方がないので注意が必要です。

返済中の場合は借金残高以上の過払い金が発生しているか確認する

どうしても返済中に過払い金請求をしたいという場合は、残債が残らないことを明確にすることが大切です。つまり、借金残高以上の過払い金が発生していることを確認することが必要ということです。

そのためには、引き直し計算についての知識を整理しておく必要があります。アコムなどの消費者金融では、「出資法の上限金利(29.2%)」を根拠に金利を設定していましたが、現在では「利息制限法の上限金利」を超えてはいけないということになっています。過払い金とは、この差額のことです。

利息制限法では借入金額によって上限金利が変わるという仕組みなので、それぞれの金利を押さえておくことも大切です。借入金が10万円未満の場合は20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上に場合は15%となっています。

ACカードとDCキャッシュワンの利用がないか確認する

アコムに過払い金を請求するということは、アコムの提供するサービス全てを解約することと同じです。ACカードやDCキャッシュワンを利用している人の場合は、それぞれのカードの残債について十分に確認しておく必要があります。

つまり、アコムの返済中に過払い金請求を行うことと同様のリスクが発生する可能性があるということです。特にACカードのショッピング枠は見落としがちになるので注意が必要です。

司法書士や弁護士に相談する

過払い金請求は自分で行うことも可能ですが、膨大な労力を必要とするので注意が必要です。まず過払い金の計算が大変です。何度も完済と借入を繰り返している人は、過去にさかのぼって利用状況を調べ、それぞれの時点での計算をしなくてはいけません。

また、利息制限法の上限金利は借入額によって異なるため、計算も複雑になります。計算ミスがあった場合は、残債が残ってしまうなどの恐れがあり、非常に危険です。

なんとか引き直し計算ができたとしても、アコムがすんなりと過払い金返還に応じてくれることはほとんどないと考えたほうがよいでしょう。

相手方も交渉のプロであり、こうしたやりとりには慣れているためです。裁判も辞さない構えで返還を拒否してくる可能性もあります。

そのため、司法書士や弁護士といった法律のプロに依頼することが安全な方法といえます。特に「司法書士法人杉山事務所」「司法書士法人みどり法務事務所」などは過払い金請求の経験が豊富なため、一度相談してみることをおすすめします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

過払い金に影響がある?アコムの経営状況と会社概要

アコムは2006年の6月18日以降のグレーゾーン金利の廃止と、借金を完済した方の遡っての過払い金請求の影響によって、2007年には約4400億円の赤字を出しました。それ以後コンプライアンスの遵守を徹底したり、大規模なリストラなどを行うことで徐々に業績を回復させていきました。

それでも2010年の改正貸金業法が施行された次の年の2011年3月の決算では、再び約2026億円という大きな赤字を出して、倒産まで危ぶまれたこともあります。しかしながら三菱UFJファイナンシャル・グループとの資本提携などを筆頭に、相互に利益の出る企業との繋がりを深くする戦略をとって生き残ります。

そして2012年の決算以降は一定の利益が出るまでには持ち直しているようです。したがって直近においてのアコムは、業績悪化による過払い金請求額に対しての影響は、他の金融会社よりは少ないといえるでしょう。

商号 アコム株式会社
取引履歴の取得先 0120-07-1000
請求書の送付先 電話番号:03-3222-2666
住所:東京都千代田区富士見2-15-11 東京公的応対センター(審査第二部)
公式ページ https://www.acom.co.jp/corp/
所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00022号
関連 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、DCキャッシュワン、ACマスターカード、じぶん銀行カードローン

アコムの過払い金請求

お役立ち情報