これで安心!アコムの過払い金請求のメリット・デメリットまとめ

これで安心!アコムの過払い金請求のメリット・デメリットまとめ

アコムの過払い金請求で特に注意すべきポイント

ACマスターカードのショッピングの支払いが残っている場合

アコムはカード払いもできるクレジットカード、ACマスターカードを発行しています。ACマスターカードを所有している場合はカード払いでのショッピングが可能になります。

ACマスターカードのショッピングの支払いが残っている場合は注意すべきポイントがあります。通常アコムへ過払い金請求を行った場合、アコムとの契約は解約となります。アコムのサービスは利用出来なくなり、それはACマスターカードも利用出来なくなることを意味するのです。

そしてショッピングの支払いが残っている場合、過払い金の請求に成功したとしても返還される筈のお金は自動的にショッピング枠の残高に充てられ自動相殺されます。

DCキャッシュワンから借入れがある場合

DCキャッシュワンは、もともとアコムを含む複数の企業からの出資を受け誕生した消費者金融で、株式会社東京三菱キャッシュワンという名前でした。

その後アコムが出資率を上げることにより子会社化し、現在のDCキャッシュワンとなったのです。アコムに過払い金を請求する際、子会社であるDCキャッシュワンに借入れ残高がある場合は注意が必要になります。

アコムへの過払い金請求が成功したとしても返還される筈のお金は子会社であるDCキャッシュワンの借入残高と自動相殺されるのです。

またその際DCキャッシュワンの借入残高を完済しきれなかった場合、任意整理扱いとなってしまいます。任意整理は金融事故です。信用情報機関に金融事故者として記録されてしまうと他社からの借り入れやローンを組むことが難しくなります。

アコムが保証会社になっている銀行から借入れがある場合

アコムはグループ会社の三菱UFJ銀行をはじめとする複数の銀行カードローンの保証会社を務めています。保証会社とは主に利用者が支払いを滞らせた場合に代わりに負債を支払う会社のことです。

銀行カードローンの場合は銀行の代わりに融資審査を行なうという重要な役割も持っています。アコムが保証会社になっている銀行からの借入れがあったとしても延滞等がなければ特に問題はありません。

延滞があった場合は債権がアコムに移っている可能性がある為、アコムへの過払い金請求が成功したとしてもDCキャッシュワンの場合と同様に自動的に借入残高と相殺される可能性があります。

アコムの借金を完済している場合のメリット・デメリット

メリット

アコムへの過払い金請求において、アコムへの返済が完了している方の場合はメリットの方が大変大きいと言えるでしょう。

お金を取り戻すことができる

過払い金請求のメリットはお金が戻ってくることです。過払い金は消費者金融会社が法に背いた金利で貸し出しを行ったことによって発生したもので、本来は払う必要のなかったお金です。

アコムが持っていてはおかしいお金なのです。このことからきちんと権利を行使してお金を取り戻すべきという考え方は正当であり、アコムへの返済を完了している方であれば過払い金が自分の手元へ返還されます。それは充てにしていなかった臨時の収入となるでしょう。

デメリット

アコムの借金を完済している場合はメリットの方が遥かに大きいと考えられますが、些細なデメリットについても紹介していきたいと思います。

アコムから新規の借入れができなくなる

アコムへの過払い金請求を行った場合、アコムとの契約は解約状態となります。それは通常の解約とは異なり、その後もアコムのサービスを受けることは出来なくなるのです。従って過払い金の請求後にアコムから新たにお金を借りることは出来ません。

ACマスターカードを利用できなくなる

ACマスターカードはアコムが提供するサービスの一つとなります。つまり、過払い金請求を行った場合はACマスターカードの利用も出来なくなるのです。

アコムに借金を返済中の場合のメリット・デメリット

メリット

アコムに借金を返済中の場合でも、完済した場合と同程度のメリットがあります。お金が戻ってくることに変わりはなく、ただその返還形式が変わってきます。

借金を減額または無くすことができる

過払い金の請求に成功したものの借金返済中である場合は、優先して借入残高に返還金が充てられ相殺となります。借入残高が減ることで借金によるプレッシャーが弱まりますし、返還金が残高を上回る場合は借入残高¥0となり借金から解放されるのです。

新たな借入れが不要になる

返還金が借入残高を上回る場合は、差額が請求者の手元に返還されます。その臨時の収入があれば生活費に差し迫られて新たに借金をすることも必要なくなります。

デメリット

アコムに借金を返済中の場合は借金を完済している場合に比べ、デメリットが少し大きくなります。大変重要なことなのできちんと把握しておきましょう。

アコムから新規の借入れができなくなる

アコムとの契約が解約状態となる為、新たな借入れが出来なくなります。これはアコムの借金を完済している場合と同様です。

ACマスターカードを利用できなくなる

アコムのサービスが利用出来なくなる為、ACマスターカードも利用不可となります。これもアコムの借金を完済している場合と同様です。

ブラックリストにのる可能性がある

気を付けなければならないのがこちらの一点です。過払い金請求後にアコムからの借入残高を返済しきれなかった場合、任意整理扱いとなります。

任意整理とは債務者と貸金業者とが交渉して借金残高を減額することです。任意整理扱いとなれば信用情報機関に金融事故者として登録され、その後他社からの借入やローンを組むことが大変厳しくなります。

自分でアコムに過払い金請求する場合はデメリットに要注意

メリット

司法書士や弁護士などの専門家に頼らず、自分でアコムに過払い金請求することにはどういったメリットがあるのでしょうか。

専門家に支払う費用が不要

自分一人で過払い金請求を行うことのメリットは、費用の負担が全く無いということです。通常、請求業務を代行してくれる専門家へは成功報酬として過払い金返還額の10%から20%を支払うこととなります。

またそれとは別に着手金を支払うケースもあります。その費用が発生しないという点は自分一人で過払い金請求を行うことのメリットと言えるかもしれません。

デメリット

司法書士や弁護士などの専門家に頼らずに自分一人で過払い金請求を行うことにはデメリットが複数挙げられます。自分一人で過払い金請求を行う際には下記の内容をきちんと把握したうえで過払い金請求に取り組みましょう。

過払い金が少なくなる

アコムへの過払い金請求を行った場合、返還率は一般的に請求額の80パーセントと言われています。しかしその80%という数字は司法書士や弁護士の知恵と交渉力をもってやっと届くことのできる数字です。

司法書士や弁護士でない一般の方が請求を行った場合、返還率はかなり下がります。個人請求の場合では論理的且つ法的な交渉に発展することが出来ず、アコム側が提示する50%から60%の返還率を承諾する他なくなってしまうからです。

対応を後回しにされる

過払い金を請求してくる相手が個人であれば、その請求へのアコムの対応はおざなりになってしまいます。というのもアコムは数え切れない程の過払い金請求に対応しており、それには優先順位が発生してきます。

アコム側からすれば法的な知識も請求経験もない個人から過払い金請求は恐くもなんともない懸案です。アコムが優先的に対応しなければならないのは、法的知識、対処方法を心得ている専門家からの過払い金請求なのです。

手間と時間がかかる

自分で過払い金請求を行うのには多大な手間と時間が発生します。自身とアコムとの取引履歴、そして利息制限法にもとづいて利息の引き直し計算を行わなければなりません。

この引き直し計算というものが大変難しく、素人が行うにはかなりの時間がかかります。インターネット上で無料で配布されている計算ソフトもありますが、内容を理解するのが難しいですし入力一つ一つがとても面倒です。

家族や会社に借金がばれる可能性がある

個人で過払い金請求を行うと借金をしていたことが家族や会社にバレてしまう可能性があります。過払い金請求を行えば、そのやり取りの中で発生する書類等が住まいに郵送されてきます。

これが家族の目に触れて借金をしていたことがバレてしまうのです。また、返送が必要な書類等に気付かずにいると職場に連絡、または郵送されてくる可能性もあります。それは絶対に取り除くべきリスクです。

アコムに返済中の場合でも督促はストップしない

過払い金の存在に気付きアコムに請求を行ったとしても、返済中の残高に対する督促が止まることはありません。過払い金があることが一目瞭然なのに当然のように残高返済の督促がくるのはストレスでしかありません。

逆に司法書士や弁護士に依頼をすれば「受任通知」という文書を送付することによりアコムからの督促が一時停止します。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼する場合はメリットが多い

メリット

アコムに過払い金請求を行う際に司法書士や弁護士などの専門家に依頼することには多くのメリットがあります。以下のメリットを確認し、自身で請求するつもりでいる方も一度は専門家に相談してみるのが良いでしょう。どの機関でも相談は無料です。

自分で手続きするよりも多くの過払い金を取り戻せる

司法書士や弁護士などの専門家に依頼することの最大のメリットはより多くの過払い金を取り戻せることです。もちろん弁護士事務所等に依頼をすれば費用の支払いが発生します。

もしかすると、費用によっては最終的に手元に残るお金が自身で請求を行った場合と変わらないという結果にもなるかもしれません。しかしそうなったとしても、それは決して気分の悪いことではない筈です。

アコムの法に背いた金利設定によって発生した過払い金が少ししか返ってこないのと、費用を払って納得の出来る金額が返還されるのとでは気持ちの清々しさが大きく違ってくるでしょう。

すべての手続きを専門家がおこなってくれる

請求を行う為の準備、手続き、交渉は決して楽なものではありません。またこちらにも生活、仕事がありますから過払い金請求ばかりに時間を使うわけにはいきません。

個人で過払い金請求を行えば、アコムがこちらの弱みをついてきて話がなかなか進まないということも充分あり得ます。過払い金があるということは自身にとっても気持の良いことではない筈ですから、それに時間を使うこと自体にストレスを感じてしまいますし、それによって冷静さを欠いてしまう可能性もあります。

司法書士、弁護士などの専門家に一度依頼をすれば、その後は一切自分の手を煩わせることはありません。結果が出るまで考える必要もありません。自身が一切関わらなくとも、専門家が最善を尽くし手続きを進めてくれます。

家族や会社に内緒で過払い金請求できる

専門家に依頼をすればアコムとの書類のやり取りも全て専門家が代理で行ってくれることになります。よって自宅や職場にアコムからの郵便物が届いたり連絡がくることもありません。借金が家族にバレるリスクを軽減出来ます。

返済中の場合は督促がストップする

アコムに過払い金請求をする時点でアコムへ借金返済中である場合は、専門家に依頼することでアコムからの督促や返済が一時停止にする事が出来ます。返済に追われている方であれば、この点は大変大きなメリットとなるはずです。

デメリット

アコムに過払い金請求を行う際に専門家に依頼することにはたくさんのメリットがありました。しかしデメリットもあります。デメリットもきちんと確認したうえで過払い金請求に取り組みましょう。

費用がかかる

専門家に依頼する場合、それに支払う費用は避けられません。そして依頼するのが依頼件数や実績の少ない組織であれば、高額な費用が発生する可能性があります。

過払い金請求に不慣れで作業が効率化されていなければ、その分人件費や経費が発生するからです。経験豊富で実績の多い専門家に依頼をするのが一番安心出来ますし、コストパフォーマンスも良いです。

悪徳司法書士や弁護士に依頼してしまうリスクがある

現在過払い金に対する認知度は向上していますが、それに伴って過払い金請求を利用した詐欺事件も増加しています。過払い金請求は他者から勧められるものではありません。

電話やチラシによる勧誘には注意して、有名で信頼のおける組織に依頼をしましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

過払い金に影響がある?アコムの経営状況と会社概要

アコムは2006年の6月18日以降のグレーゾーン金利の廃止と、借金を完済した方の遡っての過払い金請求の影響によって、2007年には約4400億円の赤字を出しました。それ以後コンプライアンスの遵守を徹底したり、大規模なリストラなどを行うことで徐々に業績を回復させていきました。

それでも2010年の改正貸金業法が施行された次の年の2011年3月の決算では、再び約2026億円という大きな赤字を出して、倒産まで危ぶまれたこともあります。しかしながら三菱UFJファイナンシャル・グループとの資本提携などを筆頭に、相互に利益の出る企業との繋がりを深くする戦略をとって生き残ります。

そして2012年の決算以降は一定の利益が出るまでには持ち直しているようです。したがって直近においてのアコムは、業績悪化による過払い金請求額に対しての影響は、他の金融会社よりは少ないといえるでしょう。

商号 アコム株式会社
取引履歴の取得先 0120-07-1000
請求書の送付先 電話番号:03-3222-2666
住所:東京都千代田区富士見2-15-11 東京公的応対センター(審査第二部)
公式ページ https://www.acom.co.jp/corp/
所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00022号
関連 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、DCキャッシュワン、ACマスターカード、じぶん銀行カードローン

アコムの過払い金請求

お役立ち情報