アコムの過払い金請求に強い事務所の特徴と失敗しない選び方

アコムの過払い金請求に強い事務所の特徴と失敗しない選び方

払い金請求は、司法書士や弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。しかし、たくさん存在する専門家のなかには、「おすすめの事務所」もあれば、「依頼しないほうがよい事務所」もあります。

事務所選びで失敗せずに過払い金請求をおこなうためには、アコムの過払い金請求に強い弁護士にはどのような特徴があるか、そのポイントを押さえておきましょう。

アコムの過払い金請求に強い司法書士・弁護士の特徴

過払い金請求や債務整理を専門としている

弁護士や司法書士にも「専門分野」があります。たとえば、遺産相続に強い事務所、離婚問題に強い事務所などのように。過払い金請求を依頼するときは、当然ですが、過払い金請求や債務整理の知識や経験が豊富な事務所を選ぶようにすべきです。

司法書士・弁護士が直接面談する

相談に出向いたときに、きちんとした資格をもつ司法書士や弁護士が話を聞いてくれる事務所を選びましょう。事務所のなかには、無資格のスタッフが対応する事務所もあります。

有資格者は、相談時に「弁護士の〇〇です」「司法書士の〇〇です」とはっきりと名乗ります。「事務所の〇〇です」というように、自分の資格を告げることができないスタッフでは心配です。

費用の明確な説明がある

過払い金請求のために、着手金、成功報酬などの費用がどの程度かかるか、事前にはっきりと教えてくれる事務所が望ましいのです。

「報酬は〇〇%」といわれても漠然としていますから、よくわからない人もいるでしょう。ですから、どの程度の過払い金が予想されるか計算して、報酬はいくらか、明示してくれる事務所がよいでしょう。

プライバシー管理が徹底されている

借金をしたことは、あまり他人には知られたくないものです。場合によっては、家族にも内緒にしたいこともあるかもしれません。ですから、個人情報を大切にして、事務所に相談したことを秘密にしてくれる事務所がよい事務所です。

プライバシーを大切にする事務所は「家族には内緒にしてください」と頼んだら、連絡時にも配慮してくれます。そのような事務所は、親身になって相談にのってくれます。

口コミ・評判が良い

インターネット上にはいろいろな口コミが掲載されています。実際に過払い金請求や債務整理をした体験談もあり、読んでみると勉強になるでしょう。

どの事務所が信頼できそうか、口コミや評判が判断の助けになります。もちろん、評判が悪い事務所よりは、よい事務所に依頼するほうがよいと考えられます。

口コミ・評判やランキングは信用できる?

しかし、口コミや評判、ランキングは信用できるのか、疑問を持つ人もいるでしょう。確かに、事務所のホームページに、あえて悪い内容の口コミや体験談を掲載するはずはないといえます。

しかし、事務所がまったくのゼロから体験談をねつ造することはありません。過去にあった事例をもとに、個人が特定されないようにぼかして書いてあるのです。

口コミ・評判はあくまでも参考

事務所のホームページではなく、過払い金請求や債務整理についてのインターネットサイトに口コミが書いてあることもあります。

しかし、インターネットサイトに弁護士や司法書士の評判を投稿する人のなかには、個人的な恨みで事務所について悪く書いてしまう人もいます。ですから、口コミは少し大げさに記載されているかもしれないと考えて、参考程度にするほうがよさそうです。

ランキングは何を根拠としているか

過払い金請求に関する事務所のランキングとは、いったい何を基準に決められているのでしょうか。ランキングの上位になっている事務所は、やはり過払い金の実績がある事務所です。

たとえば、過去に過払い金請求をどれくらいの件数手がけたか、どれくらい回収したか、相談者のためにメールや電話などの相談窓口を開いているか、費用が明確かなどの基準でランクづけされているのです。

過払い金請求が苦手であまり経験もない事務所がランキング上位に出ることはありません。つまり、ランキングとは、事務所が過払い金請求にどのくらい真剣に取り組んでいるか、その姿勢の表れだといえそうです。

ただし、ランキングの順番は判断する人が何を重要とするかによって違ってくることもあります。ですから、ランキング1位は2位よりも優れているというような厳密なものではないと思うほうがよいでしょう。ランキングの細かな順位にはこだわらず、大まかに「これらの事務所は信頼できそうだ」と考えておきましょう。

アコムの過払い金請求を失敗しない専門家の選び方

過払い金請求をするなら、当然の権利として受け取れるお金はきちんと取り返したいものです。そのためにも、実務能力があり相談者のために働いてくれる事務所を選びましょう。事務所選びのポイントとして、どのような点に注意すればいいか、解説します。

1.費用の安さだけで決めない

過払い金を請求するためには、事務所には報酬を払う必要があります。できれば安く済ませたいのは人情でしょう。しかし、費用の安さだけで決めてしまうと後悔することもあります。

2.自宅からの距離だけで決めない

できれば自宅から近い事務所がよいと思う人もいるかもしれません。しかし、自宅の近くの事務所が過払い金請求に強い事務所ならよいのですが、もしも、あまり得意ではなかったとしたら、残念なことになる可能性もあります。

たとえ債務整理が苦手な事務所でも依頼があれば引き受けるでしょうが、過払い金の請求が得意で実績ある事務所が手がけたときのようにはスムーズにいかないこともあるからです。

また、自宅から近すぎると事務所に入る姿を他の人に見られてよからぬウワサを流される危険性もあるので、ほどよい距離は必要ともいえます。

3.依頼前に以下の項目を確認する

この事務所に依頼しようかなと考えたときには、次の項目について確認してみましょう。満足できる答えがもらえないようであれば、ほかの事務所にも相談してみてはどうでしょうか。

費用は全部でいくらかかるか

費用は「全部で」いくらか、教えてもらいましょう。一般的には、過払い金が戻ってきても、そこから報酬を払うことになります。報酬はトータルでいくらで、結局、自分にはどのくらいのお金が戻ってくるのか、確認する必要があります。

裁判までおこなってもらえるか

もしも裁判に持ち込まれることになった場合は、裁判も受け持ってもらえるのでしょうか。裁判は引き受けないとなったら、別の弁護士に依頼しなくてはならなくなり、余分な費用がかかってしまいます。

過払い金の返還期間

過払い金はいつごろまでに返還される予定か、目安の期間を教えてもらいましょう。いつまでという時期を区切ると、それまでに仕事を進めなくてはいけなくなるので、事務所にとっては負担感があります。しかし、相談者のことを思えば、大体のスケジュールを教えてくれるはずです。

取り戻した過払い金の内訳を教えてもらえるか

「過払い金は合計で〇〇〇万円です」という大雑把な説明ではなく、少なくとも「この期間の借金に関してはいくら、これはいくら、これはいくら、トータルで〇〇〇万円」と内訳を教えてくれる事務所がよい事務所です。金額に加えて、利息の計算方法などもわかりやすく教えようとしてくれる事務所は、より親切だといえるでしょう。

返済中の場合はブラックリストの説明があるか

過払い金請求にともなうリスクについて、わかりやすく説明してくれるでしょうか。たとえば、借金を返済中に過払い金を請求した場合はブラックリストにのることがあります。

そうなると、しばらく新たな借金ができなくなったり、ローンやクレジットカードの審査に通らなくなったりする可能性もあります。

すでに返済してしまった借金であればブラックリストにはのりませんが、その業者からは再び借金をすることができなくなります。特に、今後、新たな借金が必要になる人は、過払い金請求のリスクについても聞いておきましょう。

こんな司法書士・弁護士事務所には要注意

「司法書士事務所」「弁護士事務所」などの看板を掲げていても、本当にここに依頼をしてもいいのかと迷うような事務所もあります。たとえば、次のような事務所に出会ったら、注意しましょう。

1.司法書士や弁護士が直接面談しない

相談に来た人に何の資格もないスタッフが対応する事務所には、気をつけましょう。そのような事務所は、相談者ひとりひとりに向き合おうという姿勢が欠けているかもしれません。

なかには、一応、司法書士や弁護士の資格は持っているけれども、アルバイト的な立場で責任ある話はできない人が対応することもあります。

もちろん、たまたま有資格者が不在だったというケースも考えられますが、信頼できると感じさせる専門家と話すことができない事務所は考えものです。

2.費用の説明を一切しない

費用について、説明をしない事務所は避けるほうが賢明です。漠然と「〇〇〇万円程度の過払い金が期待できるでしょう」などとよい話をするから依頼すると、そこから報酬がたくさん差し引かれて手もとには少ししか戻ってこないケースもあります。

3.費用が高額

費用が高額過ぎる事務所も考えものです。過払い金の請求を依頼する人は、借金で困っている人が多いのです。困った状況につけこんで多額の報酬を得ようとする事務所は避けましょう。

ただし、一定の費用が発生するのは当然ですから、安ければよいというわけではありません。依頼するときは、いくつかの事務所で費用を比較してみることも大切です。

4.高額な過払い金が発生している相談者しか相手にしない

高額な過払い金が発生している人には親切にして丁寧に説明するのに、過払い金の額が少ない相談者は適当にあしらう事務所は、金儲け主義だといわれても仕方ありません。

過払い金が少ない相談者でも話をよく聞いて、どうするのが最善か、アドバイスをくれるところが良心的な事務所です。

5.NPO団体や紹介業者から紹介された事務所

「NPO」とは「非営利組織」のことです。つまり、「利益を求めていない」という触れ込みで債務整理をおこなったり、弁護士や司法書士を紹介したりします。

しかし、現実問題として、まったくの無料で債務整理をしてくれるはずはありません。無料なのは相談だけだったというケースが多いのです。

NPO団体や弁護士を紹介する業者から推薦された事務所だからといって、特に優れているとはいえません。一般の司法書士事務所や弁護士事務所でも無料相談をおこなうところはたくさんあります。

アコムの過払い金請求に強いおすすめ事務所

以上、過払い金請求に関しての事務所選びポイントを説明してきました。しかし、日本には多くの事務所がありますから、どこに相談すればよいのか、迷う人も多いでしょう。

そこで、どこがアコムの過払い金請求に強い事務所なのか、具体的に名前を挙げて3つの事務所を紹介します。下の事務所はどこも過払い金請求の実績があり、相談しやすくてプライバシーへの配慮も欠かさないという共通点があります。

司法書士法人杉山事務所

全国に9つの事務所を設立している司法書士事務所です。過払い金の回収額が日本一の実績をあげたこともあり、借金に悩む多くの人から頼りにされています。

担当の司法書士が責任をもって対応してくれますので安心です。過払い金請求の相談料と着手金は無料です。各事務所からの出張相談も可能ですから問い合わせてみましょう。

司法書士法人みどり法務事務所

過払い金請求などの借金問題に強い事務所です。相談料と初期費用が無料なので相談しやすく、借金の明細などが手もとになくても、調査してくれます。

「過去に借金したことがあるけれど、もう明細がないのでよくわからない」という人も、相談してみてはどうでしょうか。電話やメールで無料相談できます。

司法書士法人みつ葉グループ

多くの司法書士、行政書士、税理士を擁して幅広く活動している司法書士法人です。特に、債務整理や過払い金請求には力を入れており、妥協せずに貸金業者と戦う姿勢が評価されています。

債務整理の専属チームがサポートしてくれますから、心強いといえます。東京、福岡、大阪、沖縄にオフィスを構えていますが、全国対応で電話、メールで相談できます。相談料と着手金は無料です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

過払い金に影響がある?アコムの経営状況と会社概要

アコムは2006年の6月18日以降のグレーゾーン金利の廃止と、借金を完済した方の遡っての過払い金請求の影響によって、2007年には約4400億円の赤字を出しました。それ以後コンプライアンスの遵守を徹底したり、大規模なリストラなどを行うことで徐々に業績を回復させていきました。

それでも2010年の改正貸金業法が施行された次の年の2011年3月の決算では、再び約2026億円という大きな赤字を出して、倒産まで危ぶまれたこともあります。しかしながら三菱UFJファイナンシャル・グループとの資本提携などを筆頭に、相互に利益の出る企業との繋がりを深くする戦略をとって生き残ります。

そして2012年の決算以降は一定の利益が出るまでには持ち直しているようです。したがって直近においてのアコムは、業績悪化による過払い金請求額に対しての影響は、他の金融会社よりは少ないといえるでしょう。

商号 アコム株式会社
取引履歴の取得先 0120-07-1000
請求書の送付先 電話番号:03-3222-2666
住所:東京都千代田区富士見2-15-11 東京公的応対センター(審査第二部)
公式ページ https://www.acom.co.jp/corp/
所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00022号
関連 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、DCキャッシュワン、ACマスターカード、じぶん銀行カードローン

アコムの過払い金請求

お役立ち情報