アコムからお金を取り戻せる過払い金請求とは?

アコムからお金を取り戻せる過払い金請求とは?

アコムなどの消費者金融系から借入れをしている場合、過払い請求が可能なケースもあるということをご存知でしょうか。ただし、誰でも過払い金が発生するというわけではなく、一般的には2010年以前に契約をしており、長期的に返済を続けている人に限られています。

目安としては、2010年以前にアコムで借入れをしてから、契約内容の変更をせずに5~6年以上返済を続けている人ならば過払い金を受け取れる可能性が高いです。

そもそも、過払い金請求というのはグレーゾーン金利によって発生しています。グレーゾーン金利とは、2010年に改正貸金業法が施行されるまでの間は違法かどうかの判断がつかなかった、利息制限法の上限から出資法の上限までの金利です。

改正貸金業法が施行される以前は、消費者金融系のキャッシング利率は利息制限法に基づいて定めるのか、出資法に基づいて定めるのかが明言されていませんでした。そのため、上限金利が年20%の利息制限法よりも、より多くの利息が請求できる上限金利29.2%の出資法に基づいて契約する業者がほとんどだったのです。

改正貸金業法が施行されてからは、これまで29.2%の年利で融資をしていた取引も、契約時までさかのぼって利息制限法に基づく利息を上限と定めなければならなくなりました。

つまり、出資法に基づく金利で契約をしていた人も今まで利息のつもりで払っていたものが元本の返済に充当できるようになったのです。長年高利で返済を続けていた場合、いつの間にか元本も完済して払い過ぎになっていることがありますが、これを過払い金として請求できます。

ただし、過払い金は自分からアコムに請求しなければ返還されることはありません。これは、貸金業法にあるみなし弁済という制度のためです。みなし弁済とは、出資法の上限までの利息ならば、過払い金を請求しない限りは消費者金融側から返還する必要がないという内容です。

そのため、過払い金について詳しく知らない人の中にはいつまでも返還請求をせずに過ごし、やがて時効を迎えて請求ができなくなるというケースも見られます。

過払い金とはアコムに支払い過ぎていたお金(利息)

過払い金とは、利用者が知らずにアコムに支払い過ぎていた利息のことです。本来支払う必要がない利息は、借入残高があるうちは元本に充当していきます。やがて本来の制限利息の上限での借入残高を全て返済し終わると、本来は取引終了となります。

しかし、利用者が利息の引き直しや過払い金請求などをしない場合には、アコムはみなし弁済として扱い、利用者には通知せずにそのまま過払い金を受け取り続けます。

アコムの過払い金が発生する仕組み

利息制限法を超える金利で契約をしていた場合、改正貸金業法が施行されるまでは合法的に、返済された金額から契約書記載の利率で利息が差し引かれ、残りを元本の返済に充当していました。

しかし改正貸金業法ではすべての取引について契約時点までさかのぼり、利息制限法の金利に引き直すことができますので、これまでは合法であった高利の返済が無効になるのです。

消費者金融系の返済方式では、借入残高に応じて毎月の返済額が変わってきます。そして、返済金から日割り計算した利息分を差し引いて、残りを元本の返済に充当するというシステムです。

そのため、同じ返済金額であっても高利の場合にはほとんど元本が減りませんし、利息が安くなると一気に借入残高を減らせます。従来はほとんど元本が減らずに何年も返し続けていたものが、利息が安くなった途端に完済までの期間も縮むのです。

高利で契約していた時には完済までに10年近くかかるような内容でも、利息の引き直し計算をした場合には5~6年で完済してしまうことも珍しくありません。完済の予定日に到達していなくても、毎月約定通りの返済をしていれば過払い金が発生している可能性は十分あります。

アコムとの取引の中には、途中で利息制限法の金利に下げて再契約しているものもあります。また、契約内容を変更していなくても返済期間が短くて完済には至っていないこともあります。その場合でも、債務整理という形で引き直し計算をして業者に交渉することで、現在の借入残高よりも大幅に減らすことが可能です。

アコムの過払い金請求ができる条件

過払い請求ができる条件は、契約内容や借入先、契約期間、利用中の再契約など様々な内容で異なってきます。アコムを利用していた場合には、以下のようなケースで過払い請求ができる可能性が高いです。

アコムの過払い金請求ができる条件については、こちらの「アコムの過払い金請求ができる条件と消滅してしまう条件」の記事でも詳しく解説しています。

2007年6月17日以前から取引がある方

改正貸金業法が施行されたのは2010年ですが、一部の消費者金融系はそれに先んじて早めに利率を利息制限法の範囲内に下げています。

アコムの場合は2007年6月18日に上限金利を18%まで下げていますので、この日以降に契約をしている取引では過払い金請求はできません。

逆に、2007年6月17日に契約をしている取引でも、契約内容に変更を加えずに取引を続けていれば過払い金が生じていることがあります。

アコムマスターカードでキャッシングしていた

過払い金は本来消費者金融系の借入れで発生するもので、クレジットカードを利用した買い物については無関係です。しかし、アコムマスターカードはショッピング枠の他にキャッシング枠が用意されており、キャッシング枠については過払い金が発生することがあります。

アコムマスターカードのキャッシング金利も、通常のキャッシングのように利息の引き直しができますので、長期的に利用している人は確認してみるとよいでしょう。ただし、過払い金請求をするとマスターカードで買い物ができなくなるため要注意です。

DCキャッシュワンで借入れをおこなった

DCキャッシュワンはアコムとは異なる消費者金融ですが、アコムの100%子会社になった後合併しているため、過払い金が発生した時にはアコムと交渉をすることがあります。

過去にDCキャッシュワンで借入れをしていた人、現在も取引がある人で過払い金が発生する可能性があれば、まずはDCキャッシュワンに交渉をしましょう。

アコムの過払い金請求には期限・時効がある

アコムの取引で過払い金が発生していることが判明した場合、早めに手続きを取る必要があります。というのも、アコムに過払い金請求をする場合、期限・時効があるからです。仮にこの期限を過ぎて過払い金請求をしたとしても、アコムが時効の援用を主張すればその後は請求できなくなります。

アコムに過払い金請求ができるのは、最終取引日から10年以内です。 よく間違われることですが、取引の途中で過払い金が発生した時点から10年ではありません。例えば利息の引き直しをしてみると2010年に過払い金が発生し、2015年に最後の返済をしている場合には、10年後の2025年までに過払い金請求をする必要があるのです。

なお、10年以内に完済して契約を解除している場合でも、過払い請求は可能です。既に終わっているからと放置していると、気づかないうちに過払い金が取り戻せなくなるかもしれないので気を付けましょう。

ちなみに、一連の取引の中で完済と借入れを繰り返している場合は、目安として完済からそれほど間があかずに借入れをしていなければ一つの取引とみなされます。ただし、一度解約をして再契約している場合には別の取引とされるなどケースごとに判断が異なるため、複雑な内容であれば専門家に相談した方が良いでしょう。

なお、過払い金を請求する時点において同じアコムとの取引で別口の取引がある場合、過払い金と借入残高を相殺した上で交渉をする形になります。キャッシング枠のついたクレジットカードに関しても、過払い金とショッピング枠の残高を相殺してから交渉になるため、想定していた過払い金額よりも少額になることがあります。

アコムの過払い金請求のメリットとデメリット

アコムに過払い金請求をすると、ほとんどのケースで過払い金を取り戻せます。借金がなくなる上、臨時収入が入ることでメリットばかりと思われがちですが、デメリットもあることを認識しておきましょう。

こちらの「これで安心!アコムの過払い金請求のメリット・デメリットまとめ」の記事では、アコムの過払い金請求のメリット・デメリットをはじめ、自分で手続きをする場合や専門家に依頼した場合のメリット・デメリットも解説しています。

アコムの過払い金請求のメリット

過払い金請求は、メリットがあるからこそ手続きを取る価値があります。特に毎月の返済で苦闘している人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

払いすぎたお金を取り戻せる

過払い金請求のメリットで特徴的なものがこちらです。アコムへの返済で、これまで払い過ぎてきたお金を取り戻すことができるため、大切なお金を無駄にせずに済みます。

過払い金請求は期間が長くなるほど高額の返還が期待できますが、満額が戻ってくるとは限らないので早目の手続きがおすすめです。

返済中の場合は借金を減額または無くすことができる

過払い金請求をすることで、他社からの借入れやアコムからの別口の借入れの返済に充当する資金が手に入ります。低金利になったとはいえ、年に15~20%も課される利息を払わずに済む上、毎月の返済の苦労もなくなるので生活の立て直しがしやすくなります。

アコムの過払い金請求のデメリット

過払い金請求はメリットばかりと思われがちですが、実はデメリットも存在します。利用するときには以下のリスクについても認識しておきましょう。

アコムから今後借入れができなくなる

過払い金請求をした業者は、その内容を自社のデータベースに半永久的に記録します。そのため、一度過払い金請求をすると問題のある利用者扱いになり、請求をしたアコムからは今後借入れが一切できなくなるのです。

アコムでキャッシングや各種ローン、クレジットカードなどを利用したいと考えている時は、過払い金請求をするべきかよく考えましょう。

ACマスターカードを利用できなくなる

アコムのキャッシングについて過払い金請求をした場合、同社のサービスは今後一切利用できなくなります。

例えばACマスターカードで買い物をしている人などは、過払い金請求をした時点でカードでの買い物や借入れができません。ACマスターカードをメインカードにしている人は、他のカードに移行するなど事前の準備が必要です。

ブラックリストにのる可能性がある

過払い金請求は、厳密には借金によるトラブルではないのでブラックリストの対象にはなりません。ですが、和解が成立するまでの間は任意整理の扱いとなってブラックリストにのる可能性があります。

基本的には交渉がスタートしてから和解成立、過払い金の返還、解約まで済めばブラックリストから削除されますが、消し忘れがあったり、交渉中にローンが組めなかったりすることもあるため注意が必要です。

アコムの過払い金請求の流れ

アコムの過払い金請求は、自分でもできますし弁護士や司法書士などの専門家に依頼することも可能です。ここでは、自分でやる場合と専門家に依頼した場合を簡単に説明しています。

詳しくはこちらの「自分でやる?専門家に依頼する?アコムの過払い金請求の流れ」の記事を参考にしてください。

アコムの過払い金請求を自分でやる場合

自分で手続きを取るときは、まずアコムに直接連絡をして、契約から現時点までのすべての取引履歴を取り寄せます。その後利息の引き直し計算をして、正確な過払い金を算出します。

請求できる過払い金が確定したら、アコムに電話やファックスなどで返還請求をします。任意交渉の場合は、電話でのやり取りが主流です。

交渉の内容は、主に過払い金の返還時期といくら変換するかというものです。任意の交渉では100%の回収は難しく、早めに返還を受ける代わりに過払い金を減額するのが一般的です。

任意の話し合いでまとまらなかった場合には、訴訟に移行します。訴訟の場合は、裁判所に訴状や証拠書類を提出しなければならず、さらに月に1回程度のペースで出廷しなければなりません。

訴状は裁判所に書式がありますし、書き方や書類について受付で相談することもできます。出廷は大体1ヶ月前に呼び出し状が届きますので、予定を空けておかなければなりません。

訴訟になると書類の作成や出廷など、専門知識や時間の融通が必要になり、自分で手続きを進めるのは大変です。そのため、専門家に依頼する人がほとんどです。

アコムの過払い金請求を専門家に依頼した場合

専門家に依頼する場合はかなり負担が少ないです。まず、弁護士や司法書士など過払い金請求を代行してくれる事務所に予約を取って、相談と手続きの依頼をします。

依頼をすると、専門家が業者に受任通知を送り、取引履歴の取り寄せや利息の引き直し、交渉や訴訟まですべて行ってくれます。随時こちらにも進捗状況の報告や和解内容の確認などの連絡が届くため、こちらの意思を反映させた交渉が可能です。

過払い金は専門家名義の預金口座に振り込まれ、そこから専門家に払うべき報酬や経費を差し引いた残額が自分名義の口座に振り込まれるという流れです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に7ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。借金がどれくらい減額されるのかを無料診断。過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

アコムの過払い金請求

お役立ち情報