アコムの過払い金請求に関係するACマスターカードについて

アコムの過払い金請求に関係するACマスターカードについて

アコムが発行しているクレジットカード「ACマスターカード」とは

大手消費者金融のアコムでは、ACマスターカードというカードを発行しています。このACマスターカードは、マスターカードのクレジットカードとして使えるのはもちろん、アコムのカードローンを利用するときにも使用できます。

1枚で2つのカードの機能を兼ね備えているのがこちらのACマスターカードの便利な点と言えるでしょう。ちなみに、こちらのカードは年会費などはとくにかかりません。アコムの無人契約機などで即日発行が可能な場合があり、アコムを利用している人にとっては手に入りやすいクレジットカードです。

ACマスターカードをクレジットカードとして使用する場合、利用限度額は最大で300万円。手数料は、実質年率10パーセントから14.6パーセントです。

マスターカードの加盟店で広く利用できるため、普段の買い物やレジャーにも役立ってくれるのがこのカードの魅力になっています。ACマスターカードを契約すると、クレジット(ショッピング枠)とキャッシング枠にそれぞれ利用限度額が設定されます。

ACマスターカードのキャッシング枠は過払い金請求できる

このACマスターカードのキャッシング枠については、状況によっては過払い金請求ができます。ACマスターカードは、一見すると通常のクレジットカードに見えますが、アコムのカードローンの利用カードも兼ねています。

アコムのカードローンとして利用したキャッシングで、利息制限法で定められた利率を超えた利息が加算されている場合は、その分を過払い金としてアコムに返還請求できます。

ACマスターカードのショッピング枠は過払い金請求できない

一方、過払い金請求の対象にならないのが、ACマスターカードのショッピング枠です。このカードでショッピングをしたときには、マスターカードのクレジットカードとしてカードを使用したことになります。

ショッピング枠に記載されている金額は、自分が買い物をしたときの品物の購入代金であるため、基本的に過払い金請求の対象にはなりません。クレジットカードとして使った場合は、アコムではなくマスターカードが商品代金を立て替えて加盟店に支払っています。

マスターカードの場合は、利息制限法が改正される前から利息が法律の範囲内におさまっているので、過払い金の原因になるようなお金は発生しません。

過払い金請求をするとACマスターカードは使えなくなる

過払い金が発生していることに気付き、アコムに過払い金請求を行うと、ACマスターカードは基本的に使用ができなくなります。このような場合、アコムから発行してもらったカードは自動的に解約されます。

ACマスターカードのキャッシングの場合

過払い金をアコムに請求した場合、以後はACマスターカードでキャッシングすることはできません。この場合、ACマスターカードそのものが解約になるため、マスターカードのショッピング枠もすべて消滅します。

アコムに過払い金請求をすることで、ACマスターカードが解約になることがわかっていれば、ショッピングなどにカードをむやみに使ってしまうことはないかもしれません。

ただ、公共料金や会費などをACマスターカードで支払っていた場合は、解約になった時点で手続きが必要です。

このような場合は、すぐに支払い方法の変更手続きをしないと後から面倒なことになってしまいます。解約になったときには、早めに対応するのがスムーズに手続きを進めるコツです。

アコムからの借入れの場合

アコムからの借入れも、過払い金を請求した後は基本的にできなくなります。実のところ、アコムから過払い金を返してもらっても、いまだ債務が残っているときには、新たに借入をしたくなるかもしれません。

しかしながら、過払い金請求をするとアコムとの契約はすべて解除になるため、再びお金を借りることは不可能です。ただ、アコムから返してもらった過払い金を、返済に充てること自体は可能です。

ACマスターカードのキャッシングの返済はもちろんですが、マスターカードのショッピングで使った分も過払い金でカバーできることがあります。アコムからの債務が過払い金で完済できた場合、残りのお金はショッピング枠の債務に振り当てられます。

ACマスターカード以外のクレジットカードは作れるの?

アコムに過払い金請求をした場合、「ACマスターカード以外のクレジットカードなら作れるのか」という疑問が湧いてくるかもしれません。実のところ、今まで使用していたクレジットカードがなくなってしまうと不便を感じる人も多いでしょう。

アコムに過払い金請求をしても、他のクレジットカードは基本的に作れます。ACマスターカード以外のクレジットカードなら、別途申込をして発行してもらうことは不可能ではありません。

ブラックリストにのってしまった場合は作れない可能性がある

ほとんどの場合、アコムに過払い金請求をしても他のクレジットカードの審査で不利になるといったことはありません。したがって、各カード会社の審査に通過すれば、新しいクレジットカードを手にできます。

ただ、少し気を付けたいのが自分の信用情報です。万が一、ブラックリストなどにのってしまっていると、他のクレジットカードの契約は難しくなる可能性があります。

ACマスターカードの支払いはもちろんですが、他のカードローンやクレジットカードの支払いが滞っている人は、信用情報に記録が残っていることが多いです。

信用情報機関のデータは5年前後は履歴が残るため、これまでにたびたび延滞を繰り返していた人は要注意です。債務整理などを行った場合も、クレジットカードの契約は少し困難になるでしょう。

ACマスターカードのショッピング枠の利用がある場合は注意

ACマスターカードのショッピング枠の支払いが済んでいない場合も、クレジットカードの新規契約で手こずることがあります。クレジットカードは、利用した月の翌月や翌々月に支払日が設定されるのが一般的です。

ACマスターカードが解約になった月に、すでにショッピングでカードを利用しているときは要注意。ACマスターカードのショッピング枠が未払いの状態で、新たに別なクレジットカードの申込をするのは避けたほうがよいでしょう。

クレジットカードの場合、支払日を忘れて返済が遅れると、信用情報に延滞の記録がのってしまうことがあるので注意が必要。このようなときにうっかり他のクレジットカードの申込をしてしまった場合は、年収などが基準を満たしていても審査に落ちることがあります。

過払い金請求の後に出来るだけ早くクレジットカードを作りたいときは、ACマスターカードが解約になった時点でショッピング枠の残額をすべて支払うようにしましょう。

実のところ、アコムに過払い金請求をしてACマスターカードが解約になったときには、ショッピング枠を含めて残りの債務を一度に支払う必要がでてきます。万が一、こういった対応ができないと、任意整理の扱いになることがあるので気を付けましょう

返済中の場合は過払い金で借金を0にできない場合は注意

金融機関のローンは、何らかの事故を起こして契約が解除になると、残った債務の分割払いができなくなることが多いです。一括返済を迫られても、すぐに現金を用意できればとくに問題はありません。

しかしながら、一括返済が不可能なときには債務整理などに着手せざるを得なくなるのが現実です。アコムの場合も、過払い金請求で戻ってきたお金で債務を完済できないときには、このような事態に陥る可能性があります。

債務整理をすると、信用情報にも大きな傷がついてしまいます。いわゆるブラックリストにのった状態になってしまうため、クレジットカードはもちろんですが、他のローンの審査に通る可能性も低くなるでしょう。

生活にも支障がでてくることが考えられるので、過払い金請求をする際には一括返済ができるかどうかを確認しておくのがベストです。

絶対にブラックリストにのりたくない場合は専門家に相談

素人の場合、自分の過払い金がどのくらい発生するかが、はっきりとわかっていないことが多いです。過払い金を正確に計算するためには、消費者金融との取引状況がわかる資料が必要です。

利用明細書だけでは実際の取引状況がチェックしきれないこともあるので、過払い金の計算をするときにはアコムから取引履歴を取り寄せなければなりません。ただ、素人がアコムと交渉をする場合、取引履歴を取得する時点でつまずくこともあります。

例えば、アコムが取引履歴をすんなりと発行してくれない、といったときは、過払い金を計算するのが少し難しくなるでしょう。過払い金を正確に算出しておくことは、ブラックリストにのらないためにも必要な準備です。

アコムに過払い金請求をした後は、基本的に残った債務を一度に完済することが必要になります。正確な金額をだしておかないと、完済できるかどうかを事前に判断できません。過払い金を実際よりも多く計算してしまった場合、予想よりも返ってくるお金が少なくなるため、完済が難しくなることもあり得ます。

こうなると、ブラックリストにのってしまう確率が高くなるので要注意。実のところ、過払い金請求のデメリットが大きくなってしまうのが、こういったケースです。

司法書士に相談をすれば、アコムに請求をする前の時点で正確な過払い金の金額を計算してもらえます。取引履歴の取り寄せから依頼ができるため、アコムとの交渉に自信がなくても心配は不要です。

アコムの過払い金を計算する際には、いつ頃の取引で発生した過払い金かもチェックしておきたいところ。消費者金融の過払い金には、10年という時効があります。すでに時効を迎えてしまった過払い金については、請求はできなくなります。

長年アコムと取引を続けてきた人の場合は、時効になっている過払い金がもしかするとあるかもしれません。請求をする前には、このような点までしっかりとチェックしておくことが大切です。

自分だけで過払い金請求をすると、予想以上に時間がかかってしまうケースがあります。実際、請求の準備に手間取っているうちに時効を迎えてしまうことも考えられます。司法書士などのプロの場合、いったん過払い金請求に着手すると、だいたい数カ後には事態が解決します。

話し合いで解決に至った場合は約2カ月後、裁判になったときでも約4カ月後には過払い金が戻ってきます。迅速に対応できるプロに依頼することは、交渉にかかる時間を節約するためにも有効なアプローチと言えるでしょう。

アコムに限らず、消費者金融は本人の過払い金請求にスムーズに応じてくれないことがあります。さまざまな条件を提示して、交渉をしかけてくることがある点は、事前に知っておいたほうがよいでしょう。

例えば、残りの債務をなくすことを条件に、過払い金の返還に応じない、などはよくあるパターンです。このような交渉の申し出は、さまざまな方向から状況をチェックしてみないと良し悪しがわかりません。安易に話にのってしまうと、損をしてしまうこともあるので気を付けましょう。

アコムへの過払い金請求は、上手に進めることが肝心。アプローチの方法を間違えると、受け取れるはずの過払い金を返してもらえなかったり、不本意にもブラックリストにのってしまったりします。

このような状況を避けるには、司法書士などの法律の専門家の力を借りるのが現実的な方法になるでしょう。「絶対にブラックリストにのりたくない」という場合は、消費者金融との交渉に慣れている専門家に相談をして、過払い金請求を進めたほうがよい結果が得やすいです。

過払い金の相談にのっているのが、例えば司法書士法人杉山事務所や、司法書士法人みどり法務事務所など。このような事務所には、消費者金融との交渉に慣れたプロが常駐しています。

過払い金請求の相談だけであれば無料の場合が多いので、困ったときには問い合わせてみるのも1つの方法です。通話料がかからないフリーダイヤルはもちろん、メールフォームなどを用意している事務所もあります。

すぐに請求をする予定がない場合でも、早めに情報を集めておいたほうが最善の選択がしやすくなります。どのような交渉をしたらよいかや必要な準備などは、できるだけ早く知っておきたい情報です。

アコムへの過払い金請求は何度も行うのが難しいため、周到な準備をして進めていきたいところです。過払い金よりも債務の額が大きいときには、とくにプロのサポートが必要になるでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

過払い金に影響がある?アコムの経営状況と会社概要

アコムは2006年の6月18日以降のグレーゾーン金利の廃止と、借金を完済した方の遡っての過払い金請求の影響によって、2007年には約4400億円の赤字を出しました。それ以後コンプライアンスの遵守を徹底したり、大規模なリストラなどを行うことで徐々に業績を回復させていきました。

それでも2010年の改正貸金業法が施行された次の年の2011年3月の決算では、再び約2026億円という大きな赤字を出して、倒産まで危ぶまれたこともあります。しかしながら三菱UFJファイナンシャル・グループとの資本提携などを筆頭に、相互に利益の出る企業との繋がりを深くする戦略をとって生き残ります。

そして2012年の決算以降は一定の利益が出るまでには持ち直しているようです。したがって直近においてのアコムは、業績悪化による過払い金請求額に対しての影響は、他の金融会社よりは少ないといえるでしょう。

商号 アコム株式会社
取引履歴の取得先 0120-07-1000
請求書の送付先 電話番号:03-3222-2666
住所:東京都千代田区富士見2-15-11 東京公的応対センター(審査第二部)
公式ページ https://www.acom.co.jp/corp/
所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00022号
関連 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、DCキャッシュワン、ACマスターカード、じぶん銀行カードローン

アコムの過払い金請求

お役立ち情報